拡大する写真・図版千葉雅也さん=2020年2月15日午後、大阪市北区、滝沢美穂子撮影

[PR]

 哲学者の千葉雅也さんがゲイを生きる主人公を描き、芥川賞候補になったデビュー小説「デッドライン」は、女性からの反応がよかったといいます。千葉さんはそこに、ゲイと女性がともに抑圧を受けている現状をみます。同調圧力の中で、「みんながマイノリティーになることが大事」と語ります。

    ◇

ちば・まさや 1978年生まれ、立命館大学准教授。著書に「動きすぎてはいけない」。初めての小説「デッドライン」で野間文芸新人賞を受賞、芥川賞の候補にもなった。

 「デッドライン」は2000年代初めの東京を舞台にした小説です。昨今のLGBTブームが到来するはるか昔、ゲイの欲望の薄暗いところも含めて、あの時代を描きたいと思いました。

 僕は19歳でゲイであることを…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く