[PR]

 新型コロナウイルスの感染が国内で広がる状況を受けて、東京五輪の準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会のジョン・コーツ委員長が、五輪を予定通り開催するかを3カ月以内に判断するとの姿勢を示した。コーツ氏の地元、オーストラリアのデイリー・テレグラフが27日、報じた。

 五輪開催をめぐっては、AP通信が25日、IOCの最古参委員のディック・パウンド氏が開催判断の期限を「5月下旬」とする見方を示したと報道していた。コーツ氏はこの報道を受けた同紙の取材に、「IOCは世界保健機関(WHO)から継続して説明を受け、東京都や大会組織委員会とも連絡を取り合っている」と説明。その上で、「ディックが言ったように、3カ月以内に決める必要がある」と語った。(シドニー=小暮哲夫)