[PR]

 森雅子法相への不信任決議案と棚橋泰文・衆院予算委員長(自民党)の解任決議案が27日、衆院本会議で与党などの反対多数で否決された。

 両案は立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党が同日提出。森氏については東京高検検事長の定年延長問題をめぐり、「脱法行為までして特定の人の延長を決めたことは、我が国の司法制度の根幹を揺るがす問題だ」(立憲・安住淳国会対策委員長)と批判し、棚橋氏については「与党寄り」の議事運営を問題視した。