[PR]

 秋葉賢也首相補佐官(衆院宮城2区、自民党)が26日夜に仙台市内で、立食形式の政治資金パーティーを開いていたことがわかった。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍晋三首相が国民に大規模イベントの開催自粛を呼びかける中、首相を支える補佐官がパーティーを開催したことに、批判が上がっている。

 秋葉氏の地元事務所などによると、パーティーは、秋葉氏の著作「世界の刑務所を訪ねて 犯罪のない社会づくり」の出版記念として午後6時から開催した。立食形式で約200人が集まったという。ゲストとして出席予定だった河野太郎防衛相は欠席した。

 秋葉氏は、自粛要請のさなかに挙行した理由について、「物理的に中止という選択肢はなかなか難しかった」「宮城県を含め東北6県とも感染者は出ていない。これから起こるリスクも極めて低いと予想された」などと説明した。パーティー会場では消毒液を用意。時間も短縮し、1時間強で閉会したという。「(同じ宮城県選出で元防衛相の)小野寺(五典)議員も感染者の出ている東京でやっている。補佐官だからといって私だけ着目されるのはどうかと思う」とも述べた。

 だが、感染症の専門家らでつくる政府の専門家会議は、パーティー開催の2日前にあたる24日に、感染拡大を防ぐために立食パーティーや飲み会などを避けるよう呼びかけていた。また、政府も25日にまとめた基本方針では、イベント開催を「全国一律の自粛要請を行うものではない」としながらも、「開催の必要性を改めて検討するよう要請する」とした。26日昼には首相自らが自粛を要請し、コンサートなどの大規模イベントが各地で中止となった。共産党の小池晃書記局長は27日、「国民には様々な協力を求めている中で、はなから側近が首相指示を無視するとは。政権のガバナンスは完全に崩れている。開いた口がふさがらない」と批判した。

 安倍首相は27日夜、首相官邸で記者団から秋葉氏の立食パーティー開催についての見解を問われ、「ご苦労様」とだけ語った。(菊地直己、豊岡亮)