[PR]

 新型コロナウイルス感染拡大の影響は、県内でも続いている。27日は彦根市の人気キャラクター・ひこにゃんの登場などが中止になった。県によると、勤め先の石川県でウイルス感染が確認された会社員は、滋賀県内に家族がおり、濃厚接触者として検査をしたが陰性だったと発表した。

 石川県で新型コロナウイルスに感染し陽性が確認された50代の男性について、滋賀県は27日、家族3人が暮らす県内の自宅に21~24日、滞在していたと発表した。男性は22日に県内の医療機関を受診したが風邪と診断されたという。県は家族3人を濃厚接触者としてPCR検査をした。

 県によると、男性は本社が石川県の企業に勤め、東京営業所に単身赴任中。同県で24日に感染が確認された60代同僚と10~15日にパリへ出張していたという。

 帰国後に38度を超える熱が出たため、17日に東京都内の医療機関を受診。症状が治まってきたため自宅に帰った。21日夜、滋賀県の帰国者・接触者相談センターは家族から相談の電話を受けたが、快方に向かっていたため、一般の医療機関の受診を勧めたという。

 男性は22日に県内のクリニックを受診。その時点では風邪と診断された。24日から本社に出張したが、同日夜に同僚の感染が判明。男性も発熱したため、石川県の帰国者・接触者相談センターに問い合わせ、27日に陽性が確認された。現在は肺炎を発症して入院中。

 男性の40代妻と20代長男、10代長女に症状は出ていないという。PCR検査でも陰性だったが、2週間は健康観察して外出自粛を求める。

 男性に帰国者・接触者の専門外来を紹介しなかったことについて、滋賀県は「いったん快方に向かっていたため判断に問題はなかった」との認識を示した。一方で今後は広く感染を疑って対応するとしている。(新谷千布美)

     ◇

 ひこにゃんは彦根市の国宝・彦根城と彦根城博物館冠木(かぶき)門、四番町スクエアで1日3回、観光客らと触れ合ってきたが27日から中止になった。市内外でのイベント出演も開催中止に伴ってなくなった。登場中止は3月31日までの予定だが、感染の影響に応じて見直すことがあるとしている。

 市によると、ひこにゃんは不特定多数の人と触れ合うことから、より厳しく感染を予防するために中止を決めたという。市の担当者は「ひこにゃんに会うのを楽しみに来られる人には申し訳ない」と話し、理解を求めている。(田中昭宏)

   …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら