[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、埼玉県内の公私立学校では、卒業式の時間短縮、保護者・来賓らの参列を制限して規模を縮小するといった対応方針の決定が相次いでいる。一部大学は中止に。27日夕には、政府は全国の小中高校と特別支援学校について、3月2日からの臨時休校を要請するとともに、卒業式を行う場合は、必要最小限の人数に限ることも求めた。

 卒業式や入学式の開催に関する考え方については、文部科学省が25日付で「一律の自粛要請を行うものではない」としつつも、実施方法の変更や延期を含めた対応の検討を求める通知を都道府県教委などに出した。これを受け、県内自治体などが相次いで方針を決めた。

 県は27日午前の対策本部で、卒業式などをやむを得ず開催する場合は、感染防止対策の徹底や、規模の縮小などの対策をとることを確認。さいたま市教委は26日に、市立小中高校などの卒業式に参列する保護者について「1家族につき1人まで」とするよう、市内各校に通知した。感染防止のため参列者席の間隔を空けるため人数を制限するという。来賓の招待自粛や、予行を取りやめ式本番のみ実施するよう求めた。

 川越市教委も26日、参列は「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら