[PR]

 新型コロナウイルスの感染が和歌山県内で確認されてから27日で2週間となった。感染者が出たことから外来診察を停止している済生会有田病院(湯浅町)は、業務の再開に向け経過観察が続く。一方、県内の観光地では宿泊のキャンセルや客足の減少が深刻だ。感染拡大の防止を目的にイベントの中止も相次ぐなど、様々な影響が出ている。

     ◇

 「観光客が明らかに少ない」。湯浅町の重要伝統的建造物群保存地区内にある土産物店を経営する男性(46)はこぼした。

 町内の済生会有田病院で新型コロナウイルスの感染者が確認されて以降、客足は減っているという。22日ごろから個人の観光客は戻りつつあるが、団体客は依然として少ないと感じている。男性は「これからはかんきつの三宝柑(さんぼうかん)がおいしい時期。湯浅を楽しんでもらいたいけど、イベントが今後2週間も自粛ムードになる。それが明けたら、観光客に戻ってきてほしい」と願った。

 同地区の周辺では、今月4日か…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら