[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍晋三首相が国民に大規模イベントの開催自粛を呼びかける中、秋葉賢也首相補佐官が26日、仙台市内で立食形式の政治資金パーティーを開いていた。批判に対し、秋葉氏は27日、首相官邸で記者団の取材に応じ、「今日もパーティーをやっている議員もいる」などと反論した。秋葉氏との主なやりとりは次の通り。

 「ちょっとみなさんにも事実関係を申し上げておきたいんですけれども、総理が国民に対して、3月15日まで(大規模イベントの開催の)自粛を要請したのは、26日午後。私のパーティーは夕方に予定されていたため、物理的に中止っていう選択肢はなかなか難しかった」

 「延期も検討したが、宮城県も含め東北は6県とも感染者が出ていない。(感染を判定する)PCR検査の需要の実態を踏まえたら、大きな実績が無く、リスクについても極めて低いというのが予想されたので、例年の半分の1時間強で切り上げた。(会場の)至る所にアルコール消毒液も置いた。無頓着に能天気に開催したのではなく、当然感染者が出たら、その時点で延期することを決めていた」

 「(25日発表の基本方針で)政府が最初、国民のみなさんにお願いしていたのは、『一律に自粛を要請するつもりはない、もう一度主催者で考えて』というのが公式的な立場。私もそういう立場にのっとり、パーティーを予定通りやるかどうか慎重に判断した」

 「(批判は)はっきり言って心外だ。どの国会議員以上にリスク管理をしてやった。言いたくはないが、今日もパーティーをやっている議員もいるし、26日は(同じ宮城県選出で元防衛相の)小野寺(五典)議員も感染者が出ている東京でもやっている。私が補佐官という肩書だからといって、私にだけこう着目されるというのはどうかなあと思う」

 ――(感染症の専門家らでつくる政府の専門家会議が、避けるよう呼びかけていた)立食形式だが。

 「当日の話で、もう準備も全部そろっている段階。それを早めに切り上げるために1時間で終わらせたということ。十分配慮している」

 「東京と仙台を、同じように論…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら