[PR]

 戦国武将・明智光秀が所有したと伝わる脇差し「明智兼光」の特別公開が27日、愛知県犬山市の市文化史料館で始まった。4月7日まで。

 「兼光」は刃渡り約50センチ。刀の一部に、中世の刀工「長船兼光」の名と、明智光秀の官職「日向守(ひゅうがのかみ)」を示す刻銘がある。

 現在所有する公益財団法人犬山城白帝文庫によると、「兼光」はその後、徳川家康のものになった。小牧・長久手の戦いの褒美として、家臣の成瀬正成が授かったという。

 江戸期に犬山城主となった成瀬…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら