[PR]

 新型コロナウイルスをめぐり、米カリフォルニア州のニューサム知事は27日、アジアから同州に入った少なくとも8400人について、感染の可能性を考慮して経過観察をしていることを明らかにした。同州からは米国で初めて感染経路のわからない患者が見つかっており、感染拡大への不安が高まっている。

 ニューサム氏によると、入国制限がかかる中国などからチャーター便で同州に帰還した人が約800人いる。8400人は感染が広がるアジアの国から民間機で入った人たちで、医療機関などが健康状態を観察している。同州内で33人の感染を確認したという。

 同州にはコロナウイルスの検査キットが200ほどしかなく、ニューサム氏は検査が追いつかない状況を「不適切だ」と語り、米疾病対策センター(CDC)に追加で検査キットを送るよう求めたことを明らかにした。(ワシントン=染田屋竜太)