[PR]

 名古屋市教育委員会は28日に記者会見を開き、すべての市立小中高校、特別支援学校、幼稚園の卒業式や卒園式について、万全の態勢をとった上で実施するように求める通知を出すことを明らかにした。河村たかし・名古屋市長は27日、安倍首相の新型コロナウイルス感染拡大防止の要請を受け、3月2日から市立小中高校などを休ませるのに伴い、卒業式や卒園式も中止すると表明しており、この方針を事実上撤回した。

 記者会見に先立って、河村市長が報道陣の取材に応じ、昨日の段階では、卒業式を開催する場合は万全の対応をとるよう求める政府の文書を「知らなかった」と述べた。その上で、卒業式の開催を求める校長の声があることを踏まえ、柔軟に対応するよう市教委に指示したと明かした。

 一方、市教委の担当者は記者会見で「昨日は政府の通知の時間が遅くて休業を話し合うのが精いっぱい。卒業式はそこまで詰められていない状態だった」と釈明。28日に医師資格を持つ市職員に相談し、「短時間であれば感染の危険性は低い」との意見を得て開催に踏み切るという。

 市教委によると、卒業式は予定されていた日程で実施することとし、感染者が出て休校になった場合は開催が困難なことから、各校で対応を検討するよう求める。市教委は2月25日に卒業式の感染防止対策を各校に通知。卒業証書授与は生徒の代表に限り、保護者以外の家族の出席を遠慮してもらうなど具体策を提示。学校側にはこれに沿って対応を検討するよう求める。(堀川勝元)

豊橋高校ではマスク姿の卒業式

 愛知県豊橋市立豊橋高校で28日、定時制昼間部の卒業式が開かれた。来賓を減らし、参加する保護者にもマスク着用を呼びかけての式となり、卒業生の多くもマスク着用で出席した。

 同市教育委員会は27日午後、市内の中学校、市立の高校、高等専修学校、特別支援学校の卒業式を縮小して実施する方針を発表。しかし、安倍首相が同日夕、全国の学校に3月2日から春休みに入るまで臨時休校を求める考えを示したことで、卒業式の実施について再検討することになった。

 28日に実施された豊橋高校の卒業式は、27日に決めた方針で行われた。佐原光一市長ら来賓の出席を取りやめ、式の時間を短縮。出席した卒業生、保護者、在校生の多くもマスクをして式に臨んだ。(宮沢崇志)