[PR]

 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は27日、日本メディアとの電話会見に応じ、新型コロナウイルスの感染広がる状況を受け、東京五輪の準備状況について説明した。主なやりとりは以下の通り。

 ――準備状況について。

 「これまで言ってきた通り、今夏の東京五輪はとても素晴らしい大会になるとみている。アスリートにはそのことをあらためて保証したいし、練習や準備に全精力をもって励んでもらいたい」

 ――IOC古参委員のディック・パウンド氏のコメントで、開催判断が5月下旬という発言があった。「新しい戦争」という言葉も出ていたようだが。

 「パウンド氏が、IOCが7月24日の東京五輪開会式に向けて、全力を尽くしていると話したことも忘れないでもらいたい。それにこの難題を前にし、様々な国や連盟、各国のオリンピック委員会などの間に団結や連帯が生まれている。とても誇りに感じる」

 「世界大戦と比べるのは、釣り合わない」

 ――開催判断はいつが期限か。中止や来年に延期する選択肢はあるのか。

 「臆測の炎に油を注ぐことはし…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら