[PR]

 日本相撲協会の尾車事業部長(元大関琴風)は28日、開催の可否を検討している春場所(3月8日初日、エディオンアリーナ大阪)について「(観客を入れる)通常開催はありえないと思う。中止か無観客になると思う」との認識を示した。3月1日の臨時理事会で最終判断する予定。

 協会は25日、執行部などで会議を開き、観客を入れての開催も含めて可否を検討することを確認した。だが、26日に安倍晋三首相が全国的なスポーツ・文化イベントなどについて2週間の自粛を要請することを表明。尾車事業部長は28日、「状況は厳しくなった」と話した。