[PR]

 今年のNHK大河ドラマのタイトルにもなった「麒麟(きりん)」。古代中国から、聖人が現れると姿をあらわす霊獣とされてきた。日本でも古くから神社仏閣や美術品を彩り、いまは「麒麟のまち」を掲げる地域もある。その正体とは。

後半で「麒麟が舞うまち」の動画も楽しめます

 麒麟は瑞獣(めでたいけだもの)で、麕(くじか)の身体に牛の尾、馬の蹄(ひづめ)……音声は鐘呂(しょうりょ)(楽の音律)と一致し、行動は規矩(きはん)に合致……王者の政治が仁にかなえば必ず姿をあらわす

 江戸時代の百科事典「和漢三才図会(ずえ)」(平凡社の現代語訳)は16世紀の中国の薬学書「本草綱目」を元に、そう説明する。

想像上の動物、その姿は様々に

 古代中国で鳳凰(ほうおう)、…

この記事は有料会員記事です。残り1877文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1877文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1877文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら