[PR]

 大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号に乗船し、新型コロナウイルスに感染した乗客を治療している豊島病院(東京都)は、人工呼吸器が必要となった重症例など4人の治療経過を公表した。「病状が数日で急速に進行する印象を受ける」として、注意深く観察する必要があると指摘している。

 同病院感染症内科の足立拓也医師らが25日、日本感染症学会のウェブサイトで報告書を公開した。

 症例は、60代1人、70代2人、80代1人の計4人で、いずれも男性。ウイルス検査で陽性となり、緊急搬送された。60代、70代、80代の3人は高熱やだるさ、せきなどの症状があり、入院時点で37・2~38・5度の熱があった。残る70代の1人は無症状だった。

 同病院では緊急の倫理委員会を開き、10日間の計画で抗HIV薬を使うことにした。

 60代と70代の2人は高血圧…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら