[PR]

 和歌山県は28日、新型コロナウイルスに感染した県内の70代の男性が死亡したと発表した。男性は、医師や患者の感染が相次いだ済生会有田病院(同県湯浅町)に一時入院していた。和歌山県内の死者は初。

 男性は、1月28日に同病院の皮膚科を受診した。2月1日に吐き気などの症状を訴え、6日に39度の発熱があり、自宅近くのクリニックを受診した後、済生会有田病院に入院。症状が重く、13日に別の病院に転院した。この日に検査で陽性が判明した。22日と24日に実施した検査では陰性の結果が出ていたが、人工呼吸器が必要な重症が続き、26日に呼吸状態が悪化し血圧が低下するなど容体が急変したという。死因は、新型コロナウイルス肺炎と急性腎障害だった。