[PR]

 厚生労働省は28日、新型コロナウイルスの集団感染が起きた大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号に乗船していた、東京都在住の70代の日本人女性が死亡したと発表した。ダイヤモンド・プリンセス号の乗客で亡くなったのは5人目。

 厚労省によると、女性は5日の時点で症状があり、6日に新型コロナウイルスの感染が確認された。7日に医療機関に搬送されて入院し、その後に肺炎と診断された。19日に呼吸状態が悪化し、28日に死亡が確認された。死因は肺炎。女性には高血圧と糖尿病の持病があったという。