[PR]

 参院は28日、参院議員の住まいとして新築した「清水谷議員宿舎」(東京・紀尾井町)の内部を報道陣に公開した。全室がバリアフリー化され、床暖房やエアコンが備え付けられているなど高機能な造りになっているが、家賃は相場よりも格安に設定されている。

 清水谷宿舎の総工費は約50億円。地上8階建てで戸数は計56戸ある。家賃は参院議院運営委員会で協議した結果、3LDK(81平方メートル)で月額15万8006円、1LDK(56平方メートル)で同10万9239円と決めた。すでに自民党や立憲民主党など参院議員44人の居住が決まっており、3月から入居が始まるという。

 28日に公開されたのは、3階の3LDKと1LDKの2室や共用の会議室。居住用の部屋はリビングに床暖房が付き、エアコンは全室に1台ずつ取り付けられている。カーテンやガスコンロのほか、ダイニングテーブルも備え付けだ。クローゼットなど収納は豊富で、管理事務所につながる非常呼び出しスイッチが設置されている。

 宿舎は地下鉄の麴町駅や赤坂見…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら