拡大する写真・図版古井由吉(ふるい・よしきち)さん。2月18日、肝細胞がんで死去した。82歳だった

[PR]

 2月18日に82歳で亡くなった古井由吉(よしきち)さんは、作家がこぞって敬愛する純文学のレジェンドだった。往復書簡の共著があり、親交のあった詩人で作家の松浦寿輝(ひさき)さんは寄稿で、「途方もない文章の書き手だった」と悼む。「物語ともエッセイとも散文詩ともつかない前代未聞の『言葉の芸術』」「『反小説』の試み」という古井文学の神髄とは。

「世界文学の最前線を切り開いた」「書かれた言葉、脳が揺れるような感覚」……。島田雅彦さん、又吉直樹さんも、大きな存在を失ったことへの思いを寄せてくれました。

松浦寿輝さんが寄稿

 古井由吉さんが亡くなった。今日の日本の文学創造の現場に、突然ぽっかりと、巨大な空白が広がってしまったように感じる。この空白はもう何によっても、誰によっても埋められないのではないかと思うと、悲哀というよりむしろ恐怖に近い感情がそくそくと込み上げてくる。

 何しろ途方もない文章の書き手…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら