[PR]

 新型コロナウイルスによる感染拡大を受け、日本を発着する航空路線の便数を減らす動きが、海外の航空会社を中心に出ている。

拡大する写真・図版関西空港=2018年2月

 豪州のジェットスターは5月末まで、ゴールドコーストと成田、ケアンズと関西を結ぶ便など3路線で減便する。

 キャセイパシフィック航空は2月19日から3月28日まで、本拠の香港と、成田や関西など国内8空港を結ぶ路線で減便などに踏み切る。

 シンガポール航空と子会社のシルクエアーは、3月から5月末まで、シンガポールと国内6空港を結ぶ路線で減便する。減便の対象には米国や欧州の路線も含むという。

 世界の航空会社が加盟する国際…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら