【動画】M高史のマラソントーク!!
[PR]

 東京五輪の代表選考会を兼ねた東京マラソンが1日、スタートした。男子代表の残り1枠をかけた争いは、昨年9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)3位で日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)、前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)、日本歴代5位の記録を持つ井上大仁(MHPS)の3強を軸に展開しそうだ。2月28日に記者会見が開かれた。

 選考でリードするMGC3位の大迫にはレースに出場しない選択もあった。あえてスタートラインにつく心境について「記者の皆さんのように複雑に考えず、日本記録更新や優勝など新しい自分を発見する一つのチャンスと考えている」。

 MGCについては「2位までに入れなかったのは正直悔しい。ただ、その悔しさがあるから次に進める、とプラスに考えたい」。米国移住の経緯を踏まえ「新しい挑戦の裏には常に負けがあった。そのお陰で次の一歩が踏み出せた」と前向きだった。

 約2カ月半にわたって初めてケニアの高地で練習を積んだ。「練習内容は今までと変わらないが、練習をいっしょにやったケニア選手よりも質の高い練習ができたのは自信になった」と調整も順調のようだ。

五輪出場をかけて「3強」が会見しました。設楽、井上は何を語ったのでしょうか。

 設楽、井上にとっては大迫の記…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら