[PR]

 今夏の東京五輪でセーリング競技の会場となる江の島に近い、神奈川県藤沢市の小田急江ノ島線の片瀬江ノ島駅の新駅舎がほぼ完成し28日、一部で供用が始まった。

 「竜宮城」に似た姿で知られた駅舎を、2018年2月から宮大工たちが「竜宮造り」と呼ばれる神社仏閣の本格的な建築技法を用いて、改良工事をした。

 供用開始となったのは改札口の一部など。駅舎は高さ10メートル、幅35メートル。外観は江の島に伝わる竜の伝説にちなみ、門の上に竜をあしらい、屋根には5カ所に7頭のイルカの像も加えた。今後、駅内部に新江ノ島水族館が管理する大型水槽(直径2メートル、幅0・5メートル)を設置して、ミズクラゲを展示する予定だ。

 小田急電鉄広報部は「江の島観光とともに、品格があり、遊び心ある駅舎を楽しんでいただければ」。今後、駅務室などの工事を5月までに完了させる予定だ。(秦忠弘)

関連ニュース