[PR]

 韓国では新興宗教団体の集団感染により、新型コロナウイルスの感染者がこの1週間で10倍に増え、28日には2千人を突破した。急増の背景には、すでに8万人近い検査を終えるなど、過去の教訓を生かした防疫態勢の強化がある。

 韓国保健福祉省によると、韓国での感染者は29日午前の段階で2931人。前日午後より594人増えた。うち死者は13人。

 韓国では2015年に中東呼吸器症候群(MERS)で38人が死亡し、政府は国民から非難を浴びた。これを教訓に感染症対策を強化し、今回の新型コロナウイルスでは、国の研究機関や民間医療機関など全国の計100カ所でPCRなどの検査が行われている。

 南東部の大邱では宗教団体の集団感染が起き、この1週間、同地域を中心に1日あたり5千人~1万4千人のペースで検査を実施し、計約7万8千人の検査を終えた。

 韓国政府は宗教団体から提供さ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら