[PR]

 中国での新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、世界保健機関(WHO)は28日、ウイルスの特徴や症状の傾向、中国の緊急対応などについての専門家グループによる共同報告書を公表した。中国国内での死亡率は全体で3・8%だったが、80歳超では21・9%に上ったとしている。

 専門家グループは、WHOが派遣した多国籍の調査チームと中国の保健当局者で構成。ウイルスの性質や感染の仕方、感染者の症状について、2月20日時点までのデータに基づいて調査・分析し、中国や世界の対応についても検証した。

 中国国内の検査で感染が確認された5万5924件のうち、症状が多かったのは発熱(87・9%)、空ぜき(67・7%)、倦怠(けんたい)感(38・1%)、たんが出る(33・4%)など。全体の約80%が軽度の症状で、重症は13・8%、危篤が6・1%だった。19歳未満では重症は2・5%で、全体に比べて少なかった。

 死亡率は地域によって違うが、集団感染の中心となった湖北省武漢では5・8%、その他の地域では0・7%だった。死亡率は年齢が高くなるにつれて上がり、60歳超や高血圧、糖尿病、循環器の病気を抱える人たちは死亡率が高い傾向があった。

 報告書は中国の初動対応につい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら