拡大する写真・図版ブルーインパルスが練習で航空自衛隊松島基地の上空に描いた五輪マーク=2020年1月24日、宮城県東松島市、小玉重隆撮影

[PR]

 航空自衛隊のブルーインパルス(ブルー)が、空に五輪マークを描く練習を重ねている。所属する基地が東日本大震災の津波で壊滅してから9年。甚大な被害の中で「飛んでいいのか」と葛藤しながら技術を継承してきたOBら。その思いを背負い、世界に向けた復興の発信に挑む。

拡大する写真・図版隊列を組んで飛行するブルーインパルス(航空自衛隊提供)

 ブルーが所属する宮城県東松島市の松島基地は2011年3月11日の津波でほぼ壊滅し、多くの機体も流された。ブルーの隊員や機体はたまたま、九州新幹線開通の催しに出るため芦屋基地(福岡県)にいて難を逃れた。

 山本晋司さん(43)は当時、ブルーに着任して5カ月の訓練生の立場だった。3月11日は先輩が操縦する機体の後部席に乗り、催しの事前訓練のためJR博多駅の上空を飛行していた。芦屋基地に戻って休憩していたとき、東松島のアパートにいた妻から電話がかかってきた。

拡大する写真・図版防衛省内で同僚と打ち合わせをする山本晋司さん(中央)=2020年2月27日午後、東京都新宿区

 「助けて。揺れてる」。新婚で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら