[PR]

 青森県弘前市の職員2747人分の個人情報が流出した問題で、青森県警が同市の男性職員(53)を地方公務員法(守秘義務)違反と偽計業務妨害の容疑で近く逮捕する方針を固めたことが、捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、男性職員は昨年12月12日、職務で使うパソコン内にあった市職員2747人分の個人情報を地元紙を発行する東奥日報社にメールで送って秘密を漏らし、同社から連絡を受けた市に情報流出の有無の確認をさせるなどして、市職員らの通常業務を妨害した疑いがある。

 男性職員はこれまでの県警の任意の事情聴取に対し、個人情報のデータファイルを同社に送信したことを認めているという。

 市によると、流出したのは非常…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら