[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、多くの人が集まるイベントが無観客となる中、長崎県大村市のボートレース大村でも29日、無観客でレースがあった。3月15日まで無観客が続き、その後は未定だという。

 発祥地大村で無観客は、1952年に開業して以降初めて。平均約1400人の観客でにぎわうレースも、この日は静まりかえっていた。無観客でのレース初日となった28日は、売り上げが普段の約3割減だったという。

 大村市競艇企業局の福江豊企画課長は「いつもの悲鳴のような歓声がないのはさみしい。3月24日から大きなレースを控えているので、いつまで影響が続くか心配」と話した。(米田悠一郎)

関連ニュース