[PR]

 ポンペオ米国務長官は30日、朝日新聞など一部メディアと電話会見し、新型コロナウイルスをめぐって中国などが偽情報拡散に関与していると強く批判した。「責任を逃れ、ウイルスがどこで始まり、どの国が支援を提供しているか世界に混乱を生もうとしている」と述べた。

 ポンペオ氏は会見で「検査、感染者、致死率、潜在的な治療法であれ、情報が正確にタイムリーに渡されることが重要」との認識を示し、「偽情報を生み出す政府の取り組みは、命を救う世界の能力に害を及ぼす」と非難した。

 新型ウイルスをめぐっては、これまでトランプ米大統領が「中国ウイルス」、ポンペオ氏が「武漢ウイルス」と呼ぶなど中国由来であると繰り返し強調。一方、中国外務省の趙立堅副報道局長は「米軍が武漢に持ち込んだ可能性がある」と主張していた。

 また、ポンペオ氏は中国が米国…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら