数億円のゴッホの絵、盗まれる 新型コロナで臨時休館中

有料記事新型コロナウイルス

ブリュッセル=津阪直樹
[PR]

 オランダの警察当局は30日、アムステルダム近郊ラーレンにあるシンガー・ラーレン美術館からゴッホの絵画作品が1点盗まれたと発表した。美術館は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、臨時休館中だった。

 盗まれたのは「春のヌエネンの牧師館の庭」と題された1884年の作品で、大きさは縦39センチ、横72センチ。オランダメディアによると、数億円の価値があるという。

 警察当局によると、30日午前3時15分ごろ、シンガー・ラーレン美術館の警報が作動し、警察官が駆けつけたところ、入り口のガラスの扉が壊され、絵がなくなっていたという。

 「春のヌエネンの牧師館の庭…

この記事は有料記事です。残り343文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]