[PR]

 オランダの警察当局は30日、アムステルダム近郊ラーレンにあるシンガー・ラーレン美術館からゴッホの絵画作品が1点盗まれたと発表した。美術館は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、臨時休館中だった。

 盗まれたのは「春のヌエネンの牧師館の庭」と題された1884年の作品で、大きさは縦39センチ、横72センチ。オランダメディアによると、数億円の価値があるという。

 警察当局によると、30日午前3時15分ごろ、シンガー・ラーレン美術館の警報が作動し、警察官が駆けつけたところ、入り口のガラスの扉が壊され、絵がなくなっていたという。

 「春のヌエネンの牧師館の庭」…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら