[PR]

追跡メイドインジャパン和牛編 もっと知る③

 和牛が世界でブームとなっている中、商機を見いだした日本企業が豪州でWagyuの牧場を運営している――。

 情報を得て、メルボルンから空路でブリスベンを経由して、その牧場のあるロックハンプトンへ向かった。空港には「WELCOME TO THE BEEF CAPITAL OF AUSTRALIA(豪州の牛肉の首都へようこそ)」という大きな看板が掲げられていた。

 空港から車で1時間かけて牧場に向かうと、約9113ヘクタールの牧場が広がっていた。山手線の内周よりも大きな面積だという。

 牧場を営むのは、鹿児島市に本社がある岩崎産業だ。地元で観光業や交通事業を手がける。1969年に豪州に進出してリゾート開発を始めたが、2011年に社長の岩崎芳太郎がWagyu出荷戦略に大きくかじを切った。

拡大する写真・図版岩崎産業の牧場で餌を食べる牛=2020年3月10日、豪州東部クイーンズランド州

 同社は100%純粋種にこだわる。約3千頭のWagyuを擁し、年間約600頭を出荷する。社長の岩崎は世界の和牛ブームを調べ、「高品質なものであれば高価格帯で売れる。戦略的な輸出商品になる」と考えたという。

 牧場では2人の日本人社員と豪州人スタッフ15人が働く。育成方法は、豪州の伝統的なスタイルである放牧ではなく、牛舎での飼育という日本式を採用し、日本の和牛のような肉質を目指す。ただ牛舎スペースは日本より数倍広くして、牛にストレスをかけないようにしているという。

 牧場の責任者を務める端昭和(52)は北海道で和牛牧場を営んでいたが、餌代など様々な経費がかかり利益が出ず、苦労したという。2018年に親族に牧場を譲って豪州に来た。「ここは日本式だが、飼育コストは日本の半分以下」といい、国際競争力のある日本式和牛を目指していると話した。

 現地スタッフのブラッドリー・ウォーカー(39)は以前、豪州国内の牧場で働いていた。「和牛の本家本元の日本人から育成方法を学べるのは光栄だ」と話す。

拡大する写真・図版岩崎産業の牧場では現地スタッフと日本人スタッフが共に働く=2020年3月10日、豪州東部クイーンズランド州、竹花徹朗撮影

 和牛の出荷先は、岩崎産業のホテルで使うもの以外はほぼ中国へ輸出している。中国からの需要は旺盛で、出荷が追いつかないほどだという。

 社長の岩崎は「日本の会社が、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら