[PR]

 米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソンは30日、新型コロナウイルス対策のために米政府と協力し、ワクチン開発を加速させ、来年初めにも使用可能にすると発表した。10億ドル(約1080億円)以上を投資し、10億回分接種できる量のワクチンを生産できる態勢を作るとしている。

 通常ワクチンが利用可能になるには、12~18カ月かかるとされる。同社によると、1月から研究を始め、すでにワクチンの候補を見つけているという。少人数を対象に安全性や効果を確認する「第1相試験」を9月に始め、緊急使用の承認を得れば来年初めにも生産が可能になるとしている。米政府が補助し、国内に生産拠点を作る。

 新型コロナウイルスのワクチンは各国で開発が進んでいる。米国立保健研究所(NIH)は3月半ば、バイオテック企業モデルナが開発したワクチンの最初の人への臨床試験を米ワシントン州で始めている。また、中国や韓国でも臨床試験が計画されている。(ワシントン=香取啓介)