[PR]

 亡くなった親の家の不動産価値が低いと、子が欲しがらず、相続登記されないまま売り買いもできなくなる「負動産」に陥りがちだ。その連鎖を自分の代でくい止めようと動いた男性が、埼玉県秩父市にいる。

 男性(69)の父は1997年に亡くなり、長男である兄が秩父市内の1千坪(3300平方メートル)を超える土地と建物を引き継いだ。そのとき男性は家を出ていて、実家のことは兄に任せていた。

 その兄が2016年、72歳で亡くなった。兄は相続登記をしておらず、家の名義は父のままになっていた。

 家の相続人は、男性のほか、70代の姉2人と60代の弟、兄の子ども2人の計6人。全員が集まって実家をどうするかを話し合ったが、誰も相続したいとは言わなかった。

 男性自身にも市外に家があり、子ども2人もそれぞれマイホームを持っている。

 結局、男性が責任を持ってその家を売却することになった。

 相続登記されず、亡父の名義の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら