[PR]

 愛媛県は31日、同じ通夜・葬儀に参列していた松山市の男女4人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。集団感染が発生したとみられる。他にも1人感染が確認され、5人はいずれも軽症もしくは無症状という。県内の感染者は計9人になった。

 県によると、50代男性、60代男性、80代男性、80代女性の4人が22、23日に松山市内であった通夜や葬儀に参列。30日に、栃木県で感染が確認された東京都内在住者がこの通夜・葬儀に参列していたと愛媛県に連絡があり、参列者7人にウイルス検査をしたところ、4人の陽性が確認された。県は他の参列者についても検査する。もう1人の感染者は、70代の自営業の男性で、12日に東京へ日帰り出張していた。

 滋賀県も31日、大津市の20代女性が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。女性はすでに感染が確認されている京都産業大(京都市北区)の学生の濃厚接触者という。同県での感染者は計7人となった。

 京都産業大では30日までに16人の感染が確認されており、クラスター(小規模な感染集団)が発生したとみられている。

 また、福井県も31日、新たに20代~60代の男女5人の新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表した。これで県内の感染者は計20人となった。

 このほか、千葉県や富山県でも感染が確認され、全国各地で感染の拡大が続いている。(足立菜摘、新谷千布美、大西明梨)