[PR]

 NHK国際放送のドキュメンタリー番組「Inside Lens」で、家族や友人をレンタルする会社を取り上げた際、利用客として紹介した出演者が実際の客ではなく、会社のスタッフだった問題について、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(神田安積委員長)は31日、放送倫理違反があったと認定する意見を公表した。意見書では「適正な考査を行わなかった」などと指摘した。

 審議対象は2018年11月に、「NHKワールド JAPAN」で放送された番組。子会社のNHKエンタープライズに制作委託し、外部のディレクターが取材した内容を、約160の国と地域で、昨年1月までに計8回放送。昨年5月、週刊誌からの取材を受けて問題が発覚した。(西村綾華、黒田健朗)