ガードナー国際賞に理研の竹市氏 ノーベル賞への登竜門

有料記事

[PR]

 医学分野で世界的な発見や貢献をし、ノーベル賞受賞者も数多く受けているガードナー国際賞に、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター長を務めた竹市雅俊氏(76)が選ばれた。カナダのガードナー財団が3月31日に発表した。授賞式は10月にある。

 竹市さんは、細胞同士をくっつけるたんぱく質「カドヘリン」を発見、接着剤の役割をする仕組みを解明した。カドヘリンの機能の異常が一部のがんの原因になることも分かってきた。

 ガードナー国際賞には、ノーベル医学生理学賞を受けた京都大の山中伸弥教授や東京工業大大隅良典栄誉教授も選ばれている。

 竹市さんは4月から理研の名…

この記事は有料記事です。残り156文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!