[PR]

 名古屋市は31日、新型コロナウイルスの感染者を新たに2人確認したと発表した。1人は千種区役所の職員で、市は同区役所を繰り上げ閉庁して建物を消毒した。区役所は4月1日から通常業務をする。愛知県内の感染者は計172人になった。

 市によると、感染が確認されたのは区役所職員の50代女性と、夫の60代男性。2人は市内在住で、いずれも発熱と肺炎の症状が出て市内の民間医療機関を受診して判明した。感染経路はわかっていない。

 女性職員は保険年金課で主に外回りの集金業務に従事。窓口などで不特定多数の市民に接触することはなく、普段からマスクをしていたという。(佐々木洋輔)