[PR]

 沖縄県の米空軍嘉手納基地は31日、基地内で3例目となる感染者が見つかったと発表した。感染したのは、28日に判明した1例目に陽性だった兵士の家族。同基地は「行動履歴を調査し、移動制限下に置かれていたので地元住民との接触はまったくない」としている。

 同基地がフェイスブックで発表したほか、外務省沖縄事務所が同様の内容を県に連絡した。

 3例目の感染者の性別、年代などは公表されていない。28日に判明した2人の兵士が基地の外に住んでいるかなども明らかになっておらず、県や周辺自治体から詳細な情報の提供を求める声が上がっている。(沖縄タイムス)