[PR]

 上皇さまが天皇に即位して間もない1989年4月、当時の宇野宗佑外相が韓国の崔浩中外相に、韓国内の情勢次第で「天皇陛下の最初の海外訪問として、訪韓を調整したい」と伝えていたと韓国政府が当時の外交文書に記していた。韓国政府が31日、関連の文書を公開した。宇野氏の発言は正式な外相会談の直前になされていたという。

 韓国外務省アジア局長(当時)として崔氏に随行した李在春氏は朝日新聞に、「(発言時の)同席者から後で報告を受け、日本側から(天皇訪韓を)切り出してきたことに驚いた。ただ、事前協議でそういった雰囲気は感じていた」と証言。一方、当時の外務省アジア局長だった長谷川和年氏は取材に、「日本側から天皇訪韓を提案した事実は一切ない」と話した。

 今回公開されたのは、89年当時の韓国外交に関する秘密公電など約24万ページ。それらによると、宇野氏は89年4月1日、竹下政権の外相として東京で韓国・盧泰愚政権の崔外相と会談した。宇野氏は会談に先立ち、大臣室にあいさつに訪れた崔氏に、「韓国側で、訪問を受け入れる雰囲気が成熟したと判断できたならば」との条件を示し、「天皇陛下の最初の海外訪問として、訪韓を実現する方向で調整したい」と伝えた。「(韓国国内が)微妙な状況であることもよく分かっており、隠密に返答を聞きたい」とも求めたとされる。

 当時は約2カ月後に盧氏の訪日が予定されていた。今回の文書によると、宇野氏は崔氏に対し、盧氏が天皇陛下を韓国に招請すれば、日本側でその内容を発表したいとの意向を伝達。宇野氏は崔氏から「訪日時に新天皇から過去の歴史についてもう少し、はっきりと明快な言明があることを期待したい」と求められ、「外相として十分に検討したい」と応じたとされる。

 盧氏は87年の韓国民主化後に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら