[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、推奨されているテレワーク。普段は会社で使っているパソコンを、自宅に持って帰って使っている人も多いだろう。しかし、通常の勤務に戻ったときにそのままパソコンを社内で使うと危険だと、日本ハッカー協会は警告。人間同様、「検疫」や一時的な「隔離」が必要だと呼びかける。

 これまでの企業のサイバーセキュリティーは、社外の危険から社内を守る「境界型」が主流。外部からの不正な通信を制御するため、ファイアウォールを置いて「水際対策」をするのが一般的だった。しかしこのやり方では、テレワークから通常勤務に戻った時に問題が起きる可能性があるという。

 このやり方だと、社内で使われているパソコンは「丸腰」のことが多く、社外ではマルウェア(悪意を持ったプログラム)に対抗できない。家庭用でセキュリティーの甘いWiFi(ワイファイ)などに接続することで自覚がないままコンピューターウイルスに「感染」してしまい、そのまま社内に持ち帰れば社内のネットワークにばらまくことになりかねない。

 多くの企業では、のぞき見や改…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら