[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県は3月31日、合唱団やスポーツジムでのクラスター(小規模な感染者の集団)の発生が確認されている可児市および川辺町からの通学者が多い、20の小、中学校、15の高校、可茂特別支援学校(美濃加茂市)の計36校を感染症対策の「強化対象校」とすることを決めた。

 この日開いた特別措置法に基づく対策本部の第2回本部員会議で決めた。

 対象校では、1日2回の消毒液を使用した清掃、生徒のマスクの装着、始業式を放送で実施するなどの対策を盛り込んだ。部活動は12日まで自粛する。

 対象以外の学校についても、登…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら