[PR]

 川崎市宮前区の認定保育園「メロディ宮前平」(在園13人)と、同市中原区の企業主導型保育施設「チャイルドランド新城園」(同8人)が31日付で閉園した。市が同日、発表した。保護者から情報を受けて市が確認したのは前日の夜で、突然の閉園となった。

 いずれも運営法人「チャイルドランド」(同市多摩区)が運営している。横浜市内の2園と東京都調布市の1園も閉園するという。

 法人の説明によると、これまで東京都と神奈川県で15の保育園を展開していた。3月後半になって、計約10人の保育士が退職することになった。一方、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で仕事をやめる保護者が出て、それに伴い入園希望の園児も減ったため、規模の大きな園に集約することになったという。

 法人は、在園児をグループ内のほかの施設に受け入れる方針。川崎市は、希望がある場合には周辺の認定保育園を紹介するという。法人の飯倉妃美子代表は取材に「急に運営が難しくなった。子供たちや保護者に対しては、希望に添えるよう努力する」と話した。市は、経緯を確認し、法人に対し必要な指導を行うとしている。(大平要)