[PR]

 プロ野球パ・リーグの6球団は31日、オンラインで社長会を開き、新型コロナウイルス感染拡大により、目標としていた4月24日の開幕を断念することで一致した。3日の12球団代表者会議でセ・リーグを交えて開幕日を話し合うが、開幕は5月以降に延期されることが確実になった。

 ソフトバンクの後藤芳光球団社長がこの日、「(開幕の時期は)見えないし、この環境を重く見ている。143試合できないとしても、新たな開幕のタイミングをみていく」とのコメントを発表した。孫正義球団オーナーの意向もあるという。東京で感染者が激増し、阪神から3選手の感染者が出たこともあり、「どのチームにもリスクがある。活動休止の球団もあり、12球団の公平性が保てない」としている。

 日本野球機構(NPB)の関係者によると、5月以降への開幕延期を想定し、すでに複数の日程案を作成している。セ、パが別々に開幕することは想定していない。現段階で最も遅い開幕想定は5月下旬という。ただ、感染の状況は悪化しており、開幕時期を決められるかは不透明な状況だ。今後は試合数の削減も含めた議論に入る可能性が出てきた。

 今季のプロ野球は当初3月20日に開幕予定だったが、3月12日に4月10日以降への延期を決定。3月23日に4月24日の開幕を目指すことを決めたが、再び延期せざるを得ない状況になった。