[PR]

 徳島県美馬市脇町の大谷川沿いにある「デ・レイケ公園」で今年もチューリップと桜が咲き競っている=写真。

 公園は「デ・レイケの堰堤」と呼ばれる砂防ダムを作ったオランダ人技術者ヨハニス・デ・レイケ(1842~1913)にちなみ2009年に開園。約1万5千本の色とりどりのチューリップが咲き始め、訪れた人はピンクの花が見頃を迎えたソメイヨシノ約200本との「美の競演」を楽しんでいる。

 毎年4月の第2日曜日に開かれていた「チューリップまつり」は、新型コロナウイルスの感染防止のため中止になった。(福家司)