[PR]

 世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局の葛西健局長は31日、インターネットを通じた記者会見を開き、新型コロナウイルスのアジアでの状況について「終結にほど遠い」との見解を示した。また、「感染者数が徐々に減っている国でも防御態勢を弱めないように」と警告した。

 同事務局は日本や中国、東南アジア諸国などを管轄する。葛西氏はウイルスについて、「これまで見たことのない、我々のシステムへの挑戦だ」と話した。各国が行う隔離や感染者の追跡といった対策の効果を認めたうえで、医療機関に対し、「新型コロナへの対応により、(それ以外の)通常の医療行為に起こる妨げを最小限にしなければいけない」と指摘した。(バンコク=染田屋竜太)