【動画】藤井七段、棋聖戦の決勝トーナメント準々決勝で菅井八段に勝利=佐藤圭司撮影
[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が31日、第91期ヒューリック杯棋聖戦(産経新聞社主催)の決勝トーナメントの準々決勝で、菅井竜也(たつや)八段(27)に勝利。渡辺明棋聖(35)=棋王、王将と合わせて三冠=への挑戦権獲得まで、あと2勝と迫った。藤井七段が今期棋聖戦で挑戦者になれば、将棋界のタイトル挑戦の最年少記録(17歳10カ月)を更新する可能性がある。

 藤井七段の棋聖戦での次の対局は準決勝。対戦相手は、郷田真隆九段(49)と佐藤天彦(あまひこ)九段(32)の勝者。

 将棋タイトル戦の最年少挑戦記録は、屋敷伸之九段(48)が四段時代の1989年12月、第55期棋聖戦で挑戦した際の17歳10カ月24日とされる。

 現在では棋聖戦は例年、6~8月に五番勝負が行われている。7月19日生まれの藤井七段が今期棋聖戦の挑戦者となった場合、主催者が定める第1局の日程次第だが、屋敷九段の記録を更新する可能性がある。

 棋聖戦は将棋界に八つあるタイ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら