[PR]

 青森県弘前市の職員2747人分の個人情報を流出させたとして、青森県警は1日、同市職員の瓜田武久容疑者(53)を地方公務員法(守秘義務)違反と偽計業務妨害の疑いで逮捕し、発表した。「情報は流出させたが、業務を妨害するつもりはなかった」として、偽計業務妨害容疑については否認しているという。

 県警などによると、瓜田容疑者は昨年12月12日、弘前市職員の個人情報のデータファイルを、地元紙の東奥日報社にメールで送り、同社から連絡を受けた市に情報流出の有無の確認をさせるなどして、通常業務を妨害した疑いがある。(仲川明里)