[PR]

 日中両政府は、4月上旬で調整してきた中国の習近平(シーチンピン)国家主席の国賓訪日を延期する方針を固めた。新型コロナウイルス感染症の影響が両国で広がり、その対応を当面優先する。訪日は今秋以降で再調整する。

 複数の日本政府関係者が明らかにした。高官の一人は「日中双方とも、(延期の決定まで)それほど日は置かないつもりだ」としており、週内にも正式に決める。日本政府は2月末に来日した中国外交トップの楊潔篪(ヤンチエチー)共産党政治局員との会談で、国賓訪日について協議。安倍晋三首相は2月29日の記者会見で「中国国家主席の訪日は10年に1度のことで、十分な成果を上げる必要がある」と述べ、延期に含みを残していた。

 中国国家主席の訪日は2008…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら