[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う臨時休校措置をうけ、NPO法人「生涯学習サポート兵庫」は、同法人運営の三田市木器(こうづき)の「神戸三田アウトドアビレッジTEMIL(テミル)」で、県内や近隣府県の小中学生を対象にしたキャンプを始める。日帰りから4泊5日まで選べる。教員免許をもつ職員や学生ボランティアらが森探検やボール遊び、学習などの支援をする。

 期間は3~24日の平日、一日約30人まで。食事・保険・宿泊・プログラム費を含め2900~2万8100円で、ひとり親や就学援助受給世帯は900~1万1300円。現地集合。申し込みはメール(3rd-sp@shosapo.jp)や電話(079・569・1016)。

 NPO法人「ブレーンヒューマニティー」は西宮市や隣接市のひとり親、共働き家庭の小中学生(一日約15人)を対象に、大学生ボランティアらが子どもの遊びや学習をサポートする。

 3~25日の平日午前8時半から午後7時。同法人事務所(西宮市甲風園1)の会議室などを活用する。参加費は一日1千円だが、生活保護や就学援助の受給世帯は無料。昼食は各自持参で、小学生は保護者が送迎する。申し込みは、webフォーム(https://www.brainhumanity.or.jp/other/special_division/sp_station/別ウインドウで開きます)から。問い合わせは専用電話(078・843・8849)へ。