[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、政府が打ち出した小中高校や特別支援学校などの臨時休校が2日から始まる。ただ、各自治体の判断は分かれ、休校しない学校もある。

 政府は2月末、全国すべての小中高校と特別支援学校などについて、3月2日から春休みに入るまで臨時休校するよう要請した。

 東京都は要請通り2日から春休みまで都立高校などの休校を決めた。仙台市や名古屋市、福岡市、北九州市も2日から市立の小中高を休校にする。

 一方、「準備が足りない」などとして、休校を遅らせたり、「春休みまで」とはしなかったりする自治体も。横浜市や静岡市、兵庫県、神戸市、那覇市などは要請より1日遅い3日からとした。福岡県久留米市は9日から休校する。3~13日とした那覇市は、政府が「今後1~2週間が感染拡大防止の瀬戸際」としていることを理由に挙げている。

 また、島根、兵庫、群馬、栃木、岡山、沖縄各県などで休校しない判断をした自治体もある。島根県は「県内で感染者が確認されるまで」との条件付きで、県立学校について休校しない方針を決めた。休校に伴う学習の遅れなどが理由という。沖縄県でも、離島の石垣市や竹富町など7市町村が、地域での感染が確認されていないことなどを理由に休校を見送った。